リハビリテーション科

リハビリテーション科

リハビリテーション科の概要

待合イメージ

当院のリハビリテーション科には、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)が在籍しております。機能改善や維持を目的とした練習から、実際の生活を視野に入れた練習まで、医師の指示のもとで提供しております。

施設基準

脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅰ)

運動器リハビリテーション(Ⅰ)

呼吸器リハビリテーション(Ⅱ )

平成25年現在 PT OT ST 助手
人数 8名 4名 2名 1名

リハビリテーション科の理念

リハビリテーション科
私たちは、対象者に対して、理学療法・作業療法・言語聴覚療法を通し、心身ともに回復する事を願い、身体機能のみならず、日常生活動作(ADL)や生活の質(QOL)の向上を目指し、対象者とその家族と共に目標に向かう手助けを行います。

リハビリテーション科の方針

院内外を問わず、リハビリテーションの認知度、関心度の向上を目指し、対象者や家族の利益、病院への貢献を意識し、リハビリテーションスタッフ内での共通認識として、常に自らも変化していく事を心がけていきます。

対象となる症状

主に脳血管障害(脳梗塞や脳卒中、パーキンソン病など)の回復期・維持期に加え、高齢者の肺炎等の内科疾患による治療とする方のリハビリテーションを提供しています。また、当院の特色として、血液疾患に対するリハビリテーションも提供しており、治療などによる合併症からの廃用症候群やその予防などにも積極的に関わっています。くわえて、当院や併設の上ヶ原訪問看護センターすまいるから訪問リハビリテーションも積極的に行い、地域のリハビリテーションの一役を担っています。

各種医療法

理学療法(PT)

理学療法(physical therapy)では、脳卒中での片麻痺や、骨折時の筋力低下などの身体的な障害を持つ人に対して、基本動作能力の回復をはかる事を目的に、歩行などの運動療法、および電気刺激、温熱などの物理療法を行います。 理学療法を実施する療法士は、理学療法士(PT)と呼ばれます。
理学療法(PT)
主な活動

認定理学療法士(地域理学療法)

介護支援専門員

福祉住環境コーディネーター2級

兵庫県理学療法士会 阪神南(西宮・芦屋)ブロック ブロック長

西宮市脳卒中連携パス会議 世話人

阪神訪問リハ連絡会 代表

日本訪問リハビリテーション協会 研修部 班員 など

作業療法(OT)

作業療法(occupational therapy)では、排泄・更衣・食事・整容・入浴や家事動作など生活する上で必要な動作が行えるようになるためのリハビリテーションを実施しています。自宅に帰られた時に患者様やご家族様が困る事がないよう、患者様と共に患者様にあった動作が行えるようになる事を目標としています。 作業療法を実施する療法士は、作業療法士(OT)と呼ばれます。
作業療法(OT)
主な活動

福祉住環境コーディネーター2級

おむつフィッター3級

兵庫県作業療法士会 阪神北・南ブロック 運営委員 など

レクレーション
現在、作業療法の一環として、レクレーションを月2回程度行い、入院中でも集団的な関わりの中で、役割意識や関係性の向上に向けたリハビリテーションを行っています。

言語聴覚療法(ST)

言語療法(speech therapy)では、構音障害や失語症などのコミュニケーション障害、また、食べたり飲み込んだりする事ができない摂食・嚥下障害の方に対して、訓練や環境調節などを行います。 言語療法や嚥下訓練を実施する療法士は、言語聴覚士(ST)と呼ばれます。
作業療法(OT)
主な活動

日本摂食・嚥下リハビリテーション学会認定士

リハビリテーション科 教育

レクレーション
リハビリテーション科では、各職種の専門性の向上と協同的な多角的視点を身につけるため、科内での勉強会を実施し、スタッフの知識・技術の向上に努めています。
教育スケジュール

朝:リハミーティング(毎朝:症例ミーティング・ミニ勉強会)

昼:症例検討会等(月1〜2回)

夕:抄読会・伝達講習会・福祉用具等のデモなどを開催(月1〜2回)

その他:病棟合同勉強会(介助技術・ADL・車いす等の勉強会:月3回程度)

ミーティング風景
ミニ勉強会風景
看護部
介護老人保険施設 陽喜な家
訪問看護 すまいる
ページ先頭へ