2019.06.03

リハビリをした方の入院と退院の実績です

兵庫県西宮市の上ヶ原病院のリハビリテーション科からのお知らせです。

平成最後の年度となった昨年度のリハビリテーション科の入院元と退院先の実績をご報告します。

入院元と退院先

グラフの中の「自宅」とは自宅以外に、特別養護老人ホーム(特養)、有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅(サ高住)、グループホームなどの施設を含みます。グラフ中の「施設」は主に介護老人保健施設(老健)です。

当院でリハビリをされる方の多くが自宅から入院し、自宅やそれに近い住居へ帰られるというデータが出ています。皆さん様々な容態で入院されますので一概には言えませんが、当院のリハビリが日常生活に戻る一助になっているのではと考えています。

他に病気や怪我の状態によっては他の病院に転院される方もおられます。最近開設された療養病棟では看取りの方もおられ、容態によってはリハビリを行っても以前の生活に戻るのが難しい場合もあります。

どのような患者様に関しても、当院のリハビリテーション科は、厚生労働省が示す診療報酬制度の枠組内で医師の指示の下、様々なリハビリテーションが提供できる体制を整えています。

一所懸命に運動することだけがリハビリではありません。療養中の患者様に苦痛なく過ごしていただく工夫や、自宅療養を目指した家族指導などもリハビリテーションの一貫と考えています。

当院リハビリテーション科にご興味をお持ちの方は、お気軽に当院の地域連携室へご相談ください。 各種条件により当院でのリハビリテーションがご提供できない場合がございます。あらかじめご了承ください。